忍者ブログ
置いてある。新しくした様だ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まあ、生まれが忍びだったから、能力者として生きることにあまり疑問は無かったんだ。
戦うことも自然で、それが本来の俺の生まれた時からの役割でもあったし。
ただ、それを「落ち着いている」とか「安定している」とか評されはしたが、そうである事を前提とされてきたから、ソレを長所とするのは過分だとは思った。

ただ、戦うことが好きかと言われると、また疑問が出た。嫌いではない、が好きかどうかを考えたことは無かった。
そもそもあまり先の事は考えてなかったんだと思う。
この学園に入って、まあ変わった、と思う。
日常でも、非日常でも、好悪を問われたし、意見も聞かれた。意味を考えながら戦う人間も見た。
変わっていく立場と、人を見た。
日常を日常のまま生きていいと言われるのも初めてだったし。かと言って、戦う事を肯定されることも初めてだった。
おそらくは、酷く楽しかったんだ、あの日々が。

教師になるとは思ってなかった。
なぜなったかと言うと、らしくない話だが欲が出た。
変化を見続けられる、先に進んでいく者を見続けられる。
日常には何一つ必要のない、力を持ってしまった人間が、日常を生きていける様を見たいと思った。


俺が生まれた時に、うちの一族が日の光の下を普通に生きていく事になるにはまだ少々かかると思って、親は俺を名付けた様だが、どうやらそれは違う事になる。

夜明けの一番暗い時に居るという事は、明けて行くのを最初に見られるという意味の様だ。
多分きっと、一族で忍びとして生きるのは俺で終わる。
夜明けの前だけを生きろと言われるのは俺が最後で、何の変哲もない朝を迎えられるのは、俺が最初だ。
俺は陽の光の様に生きてきた訳じゃないが、それに立ち会うことは出来るだろう。
ああ、恵まれているな。

じゃあ、戦いに行くとするか。
酷く楽しみなんだ。一歩この場所を進めば、それだけ明日に近づくんだろう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/30 暁人]
[06/25 凪龍一朗]
[08/10 ログ]
[08/10 ログ]
[08/10 ログ]
最新記事
プロフィール
HN:
青柳
性別:
男性
自己紹介:
株式会社トミーウォーカーのPBW「シルバーレイン」に登録するキャラクターの視点で書かれる日記です。
ゲーム内世界観でのフィクションの日記なのでご注意下さい。
ブログ内検索
最古記事
(02/10)
(02/14)
(02/14)
(02/22)
(02/24)
カウンター

Copyright © [ 机の上のメモ帳 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログ de テンプレート
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]